ダ・ヴィンチは観察力が超絶すごかった!


一社)日本アート教育振興会の三尾(みお)です。

あなたは観察力がありますか?

「観察力」というと小学校の時を思い出しますよね。朝顔の観察や、虫メガネでアリを観察したりしましたよね。
あれのことです。

実は、大人になってもあの「観察すること」ってとても重要なんですね。
あなたがお仕事をされているとしたら、業界について注意深く観察する必要がありますよね。
なにか問題が起きたなら、いった何が起きているのか、それは何が原因で起きているのか、外部要因なのか、内部要因なのか、、、そういったことを注意深く観察する必要がありますよね。

最近では、ドラゴン桜という漫画でご存じのコルクという出版社の社長 佐渡島さんも観察力の鍛え方といった本をだされていますが、観察力の重要性が注目されてきています。

問題を解決していったり、イノベーションを起こす人たちというのは、観察力が高い傾向にあります。
成果を上げるビジネスパーソンや、アスリート、アーティスト、、、どんな分野の人たちでもそういう傾向があると言えると思います。

でも確かにちょっと考えてみればわかりますよね。ものごとを漠然と適当に見ている人と、しっかりと注意深く見ている人とでは、気づくことも、認識も、出てくる問いも、、、質が全然違いますよね。
それが違うなら、打ち手も大きく違ってきますもんね。納得ですよね。

たとえば、画家で言えば、レオナルド・ダ・ヴィンチ。

彼は、ミケランジェロ、ラファエロと並ぶルネサンス時代の巨匠の一人ですよね。画家としてだけでなく、彫刻家でもあり、建築家、科学者でもありました。そのことは有名ですよね。

そのダ・ヴィンチは、どんなものでもぼんやりと見るということはなく、動植物がどんな様子で、どんな性質があるのか、とことん観察をしたそうです。
通りかかった小鳥屋で買った鳥を、その場ですぐにかごから逃がしてやり、鳥が飛び立つのをよく観察し、その飛ぶ姿を、250枚の絵に分解して描いたことはよく知られています。しかもすごいことに、このデッサンは、写真術が発明された350年後にダ・ヴィンチの観察が正しかったことが証明されたそうです。すごいですよね。

アスリートでいえば、やっぱりわれらがイチローですよね。
イチローは、大リーグで活躍していたとき、グラウンドに立っている時には注意深く観察していたことはもちろんですが、グラウンド以外でも日頃から敵チームの選手の性格まで、こと細かに観察していたそうです。さすがって感じですよね。

ダ・ヴィンチや、イチローになることは難しいかもしれませんが、でも少しでも見習うことで、僕らも少しは今よりも前に進めそうですよね。

だから、もしもあなたが今の状況を変えたい、、そうお思いでしたら観察力を磨くことはおすすめです。
理想のあなたを叶えられることを祈っています。

観察力を伸ばすアートマインドコーチング
無料体験クラスへどうぞ。

とはいえ、、自分一人で観察力を磨くのは、思い込みを外しにくく、なかなか難しいものです。
よかったら、僕たちがやっているアートマインドコーチングに参加してみてださい。

詳細はこちら

関連記事

  1. 失敗したから気付いた。写真の上達に必要な”3つ”のポイント

  2. ★ 運営スタッフ募集!| 職種:カスタマーサポート

  3. 【2日 限定!】最短で画力が上がる!無料体験クラス

  4. キャリア採用(スタッフ募集)

  5. スタッフ募集!

  6. 何も真似したくないと思う者は、何も生み出さない。