三尾洋介 Yosuke Mio

代表理事

1977年生まれ。飛騨高山出身。 最近、山猿感が滲み出てきた。

大学卒業後、視野を広げるためオーストラリアへ。 そこで会った自由な人たちに影響され、芸人の道へ進む。そして、簡単に挫折。その後、日本中を行商としてあるく。社内では一番売っていたが、若さとノリで笑わせながら売っていただめ限界を感じ追い込まれる。しかし相変わらずの強運に恵まれ、”今日の日はさようなら”の生みの親である音楽家の金子氏、愛新覚羅溥儀(中国ラストエンペラー)の甥である画家 王昭氏に出逢い、アート関連事業を始めるきっかけを得る。アート事業をはじめると他の画家とのご縁も生まれ、作品販売から、アート講座事業へも展開する。協会アワード2013ではその教材開発力が認められ、教材開発部門賞を受賞している。講座のプロモーションをアーティスト個人のプロモーションにつなげるビジネスモデルを実践し、アーティストにはテレビ取材も多く入り、1回の個展で数百万円の作品販売に至ったケースもあった。現在は、より多くのアートを広め、アーティスト達を支援するため、一般社団法人 日本彫紙アート協会を譲渡し、新たに一般社団法人 日本アート教育振興会を設立し代表理事を務める。様々なアーティストやプロフェッショナルの人達と協力し、デッサン、写真、画力など、アート講座、アートツアーなどを展開。趣味は、息子とサッカー、テニスをすること。

中田真由美 Mayumi Nakata

Director

JEARAで学ぶ受講生たちやアーティスト達をサポートをする傍ら、自身も全国を駆け巡るシンガーソングライターとしてクリエイティブに活動。独自の世界観をもつアート性の高い彼女の作品のファンは多い。 アーティストとしての創造的な日々や活動により、常にアーティストの目線にたった発想がJEARAのプログラムにも活かされている。 一見おっとりとした印象からは想像できない創造性とエネルギーを内に秘め、ジャンルは違っても、同じ表現者として、JEARAで学ぶアーティスト達の活動をサポートしている。

河野恵梨子 Eriko Kono

武蔵野美術大学 卒業

なにげに学芸員資格も持っている。 スタッフにはエリコとよばれている。いつも笑顔の刈上げヘアー。 キャンプが大好き。 子供たちを連れてどこまでも行く。特に冬キャンプは最高。 子育てと仕事の両立に奮闘している。

小曽川 香澄  Kasumi Kosogawa  

 

源馬 久崇  Hisataka Gemma

長野県生まれ。
武蔵野美術大学 油絵科卒業
弘益大学高大学院 絵画科卒業 (韓国)

「人生は短いけど、アートの道は長い。それでもアートの道を歩いたら必ず面白いものに出会うはず!」というのが口癖。 趣味は旅行、新しい場所で新しい人と新しい風景に出会うこと。 好きな食べ物はお好み焼きにのっているかつお節とスンドゥブチゲ。 「一緒に一味違う人生をつくって行きましょう!」というように、ちょっと上手く言おうとする。天然的な発言と見た目のギャップにファン増殖中。 実は、創作のために新しい刺激を求め南米に移住。Jearaでの仕事の傍ら、旅をしながら油絵やミックメディアで風景画を制作している。 日本・韓国で美術作家をしながら個展・団体展を多数開催。美術予備校・絵画教室の講師を数年間務めた経験も持つ。 近いうち南米のアート文化だけでなく、ギャグを日本に持ち込む可能性が高いため注意が必要。

浅野朱音  Akane Asano  

1997年生まれ。岐阜県出身。
愛知県立芸術大学 美術学部 美術科 彫刻専攻 学部卒
同大学美術研究科 彫刻領域(修士)1年間在籍 

幼少期からいつも家や学校で絵、イラストを描いている少女だった。 高校で彫刻を専攻したことがきっかけとなり、彫刻作品の面白さに目覚め、彫刻の世界に没入していく。 作品を制作するための技術はもちろんのこと、立体作品については設置するにあたっての空間の使い方、作品を置いた後の風景と作品との兼ね合いなども造詣が深い。 作品は陶器や磁器に使う土を造形し焼き、立体作品を制作することを得意とする。 今でも絵を描くことが大好きで、デッサンも大好物。最近は作品制作と同じくらいNetflixを見る時間も増えている。 人生のモットーは、今までの経験を生かして、素敵に生きていくこと。 最近は歌を歌うことも趣味に加わった。好きなものこそ上手なれども、上手いとは言えず…
まずは楽しむところから!と自分に言い聞かせている。

岡田友莉奈 Yurina Okada  

 

 

西山 マルタ  Maruta Nishiyama  

 

 

金子 桜 Sakura Kaneko  

東京都中野区生まれ。1975年11月、秋生まれの桜。 

10歳の時に静岡の学校へ転校。それは人生初の異文化体験となり、地域や学校による風習や教育の違いに幼いながらショックを受ける。同時に、環境による人間の差に興味を抱き始める。
両親の事業の関係で、幼い頃から家には様々な国籍の人が行き交い、時には同じ家に住み込む環境で育ち、徐々に国による考え方や行動の違いにも興味を持つようになる。
大学では心理学を学びながら、日本語講師養成講座に通い、日本語教授法を学ぶ。修了後、メキシコ、フィリピン、アメリカなど、様々な国籍の生徒が入り混じるクラスを担当。卒業論文は自分の生徒を被検者に、文化への関心度と言語習得成果の関係について研究する。
大学卒業後、多民族・多文化国家であるオーストラリアに渡り、2年ほどの期間、少し学び、大いに遊ぶ。そこでの様々な国籍の人との関りから得たショックや経験は、自分の今までの発想や行動の枠を外す大きな経験となる。
オーストラリアからの帰国後、グローバル企業の人材育成プログラムを行う企業に勤め、プログラムコーディネーターとしてオーストラリア、アメリカ、カナダなどをまわり、現地でのプログラム手配や教材制作を担当する。
31歳で起業し、実践からマーケティングを学ぶ。2011年には、それまでの教育事業での経験やマーケティングスキルを活かし、一般社団法人 日本アート教育振興会の立ち上げに参加し、今に至る。
現在は、一児の母として、親の目線から教育を考える。
プロフィール写真は7歳の息子が撮影。
仕事や子育てに奮闘していても、キューバ音楽、サルサへの愛は忘れない。