ニューヨークタイムズ紙で表紙を飾ったプロカメラマンが、講師に加わりました!

ニューヨークタイムズ紙で表紙を飾ったプロカメラマンが、写真の資格 プラクティカルフォト認定講座 講師として加入しました!

「とても勉強になりました!」とたくさんの受講生の方にご満足いただいています。

是非、無料の体験クラスに遊びにいらしてください^^
https://jeara-photo.com

< News! 新講師のご紹介 >

写真の資格 プラクティカルフォト認定講座の新宿校 本部講師は、5人います。

どちらの講師も現役のプロカメラマンとして活躍しています。

そして今回もあらたに世界的に活躍する現役プロカメラマンが講師として登壇することになりました。

今回新たに加入した講師をご紹介します。
木村順子 講師です。

彼女は、ニューヨークタイムズ紙では表紙を飾るようなインターナショナルに活躍するプロカメラマンです。

今まで私たちJEARAでは、フォトグラファーズラボという認定講座で一通り学び終えたあとの写真や感性をみがく研究所で講師として登壇していましたが、新宿本部校 12期から認定講座の指導にもあたることになりました。

現在、新宿校は、12期募集のための無料体験クラスを2ヶ月間限定で開催しています。

是非、お気軽にご参加ください。^^

無料体験クラスの詳細は下記のホームページからご覧いただけます。
https://jeara-photo.com

—————————

<New Teacher>

木村 順子( きむら じゅんこ )
プロカメラマン
Practical photo認定 新宿校 本部講師

写真家。鎌倉生まれ。中学・高校時代を香港で送る。国際基督教大学教養学部を卒業。フリーの写真家としてラオス、ネパールを取材。2002年より2010年まで米国のゲッティ イメージズの写真家として、ニュース、スポーツ、エンタテインメントを取材する。2010年8月より、ジャナ通信社に所属。現在はフリーのカメラマンとして活躍。ニューヨークタイムズ紙、ワシントンポスト紙、ニューズウィーク誌などなど数多くの媒体に写真が掲載され、ニューヨークタイムズ紙では表紙を飾った。著書は「幸せの国ブータン 智恵と言葉」(朝日出版社)。日本写真家協会会員、日本外国特派員協会会員・日本ブータン友好協会会員。
海外での撮影経験も多いため柔軟な思考と広い視野を持ち、また現場での状況を瞬時にとらえながら撮影をするフォトジャーナリストの経験を活かし、瞬間瞬間で質の高いアドバイスを的確に行っている。その人に合った角度で分かりやすい指導が人気を得ている。

—————————

一般社団法人 日本アート教育振興会JEARA

プラクティカルフォト 事務局 (https://jeara-photo.com)

関連記事

  1. 9期本講座 レッスンが始まりました!【プラクティカルフォト認定講座】

  2. 考える力、言語化能力を伸ばす!外国人会社スタッフの能力UPプログラム「…

  3. ”日常のかけら” を見つけに日本橋へ!

  4. プラクティカルフォト資格取得したが実践撮影に参加しました。

  5. 9期生Aグループ、2級を修了しました!【プラクティカルフォト認定講座】…

  6. カメラマンとしての第一歩を成功させました【プラクティカルフォト認定講座…