観察力を高めると世界が変わる!

こんにちは。
日本アート教育振興会の河野です。

よく、自己肯定感の上げ方が分からない。。。
うちの子供は自己肯定感が低くて。。。
日本人は自己肯定感が低い。

という話よく耳にするかと思います。

自己肯定感。
どうしたら上がるのでしょうか?

自己肯定感を上げるって、
何をすればいいのか分からないし
すごく漠然としていますよね。

これ。
実は自己肯定感を上げる一番の近道があるんです。

観察力です。

観察力を上げるだけで
解決しちゃうんです。

観察力を高めることが?
自己肯定感と観察力??
どうして??

と思われるかと思います。

観察力は観察力でも
先入観の入らない観察力。

これを育てるんですね。

思い込みを外して
先入観の入らない目で周りをくまなく見てみると
今まで気づいていなかった可能性や自分に気づくことが出来るんです。

先入観の入らない観察力が高まると
多角的な視点で物事をみることが出来るようになるので
分析力が高まり
ミスやトラブルも減っていきます。

さらには日常的にまわりをよく見ているため
コミュニケーションが円滑になっていきます。

そして日々、多角的に物事をみようと意識すると
積極的に情報も収集していくので
日々の生活も主体的になっていきます。

周りを知れば知るほど
逆に自分との違いも見えてきて
自分の強み。
というのも発見できます。

自分の強みが見つかると
自己肯定感もアップし、
さらに積極的に物事に取り組むことが出来るんです。

何気なく見過ごしていた、
見ているつもりで見ていなかった、
あんなことやこんなこと。

自分を取り巻く世界は様々な可能性にあふれていることに気づくはずです。

じゃあどうすれば先入観の入らない観察力は高められるの??

大丈夫です。
楽しんで観察力があげられる
お勧めのプログラムがあります。

アートマインドコーチング。

アートマインドコーチングは
コーチや仲間と一緒に
絵を観て対話をしていきます。

コーチは参加者の発言に問いかけていきます。

コーチの問いかけと共に
絵を鑑賞して、気づいたことをみんなとシェアする。

これを繰り返していくと
自然と先入観の入らない観察力を高めることが出来ちゃいます。

いま私たちはこのコーチを育てるためのプログラムを開催しています。

コーチになると自分も先入観の入らない観察力を身に着けられ、
さらに
自分のお子さんや生徒さん、周りの人の観察力を伸ばすことが出来るようになるんですね。

誰でもこのコーチになることが出来ます。

わたしがコーチに!?

気負わなくて全く大丈夫です!!

まずはアートマインドコーチングを楽しんでください。

無料体験会をやっているので
是非一度遊びに来てください!

あなたにお会いできるのを楽しみにしています。

関連記事

  1. 【動画】アートマインドコーチングコーチ インタビュー動画 vol.2

  2. 自分にする質問で全てが変わる?

  3. チェコならではのシュールレアリスム

  4. 【動画】「ミケランジェロの天井壁画」リアル解説!「天地創造」

  5. 「感性」を高める方法

  6. 自分で自分に「枠」つくってない?