アートマインドコーチングって?

こんにちは!
日本アート教育振興会 浅野です。

最近ジメジメする日が続いておりますが
いかがお過ごしでしょうか。

先日、超久しぶりに油絵を触りましたが
未だに乾いていなくて焦っている今日この頃です^^;

さて、早速ですが
あなたは“アートマインドコーチング“をご存じですか?

私の今までの投稿でも紹介していたので
もしかしたら既に体験等に来てくれた方もいらっしゃるかもですね!

今回は、いつもよりもう少し掘り下げて
アートマインドコーチングとは何ぞや?ということを少しだけお話ししようと思います。

~アートマインドコーチングって、なに?~

アートマインドコーチング、、
ざっくりと説明すると、

アートマインドコーチングとは、弊会のオリジナル講座で
MoMAで開発されたVTS(対話型鑑賞法)と、イェール大学 大学院で生まれた絵画観察トレーニング知見と手法をベースにしています。
そこにコーチングのスキルを組み合わせ、日本人の特性に合うようにプログラムを組んだものがアートマインドコーチングです。

そして、このアートマインドコーチングを開催できる、《コーチ》を育む講座をしています!

また、「アートマインド」という言葉がどういった意味なのかもどこかでお伝えできればと思います^^

アート思考が普及している事もあり、対話型鑑賞というワード、昔よりよく耳にするかと思います。
対話型鑑賞、実はアートの知識を深めるという理由以外でも、どんどんと教育現場や社員研修で広がっているのです!

絵を見て話すことだと思うけれど、、アートの知識を得る以外にどんな効果があるの?
という声が聞こえてきそうなので、少しだけ期待できる効果を紹介しますね。

・観察力
・コミュニケーション力
・複眼思考力
・傾聴力
・言語化力
・批判的思考力
・自己肯定感

などなど‥‥
このような力を伸ばすことが期待できます!

あなたの周り・・・例えば家族や職場にて、こんなお悩みを抱えている人はいませんか?

・人前で話すのが苦手だ
・話の根拠や意図を示せない、わからない
・考えがあっても、なかなか言葉にして出せない
・周りの物事に対して関心が薄い
・しっかり見ている、聞いている「つもり」になっている
・思考に柔軟性がない、他の意見を受け入れられない

どうでしょうか。
自他共に、もしかしたら当てはまるものがあるかもしれません。

こういったお悩みの解決のためにあるのが「アートマインドコーチング」!

ただただ絵を見て楽しく対話するだけでもきっと解決できるものがあるかの知れませんが、
アートマインドコーチングは、コーチングと名がついていますよね。
そう、これはただの対話型鑑賞ではないのです。

この講座で大切にしていることの中に、
「傾聴」そして「問いかけ」の仕方があります。

この2つ、めちゃくちゃ重要で
何となく絵に対してファシリテートするだけでは、上記の力を伸ばすことは至難の業です。
手法を学ぶことで、グっと理想の姿に近づけることが出来ますよ!

なので、アートマインドコーチングのコーチは、目的に合わせて
あなたや、あなたの大切な人達の能力を向上、開花させる役割を担うことができるようになります!

でも、やっぱりそうはいっても実際に体感してみないとイメージが難しいことって、ありますよね。
そんなあなたのために「無料体験会」やってますよ!

ご興味のある方は、ぜひご自身の生活に照らし合わせながらご参加くださいませ!

https://artmind-japan.com/amccoach-trial?utm_source=jearaofficial&utm_medium=staffblog

楽しみながら、問題解決の糸口にするもよし、
アートに触れるために活用してもよし、

色々な使い方ができるのが、アートマインドコーチングです。
コーチって難しそう…と思われている方でも大丈夫。
まずは勇気を出して一歩です。一緒に学んでいきましょう!

ということで今回は、アートマインドコーチングについてのお話でした~!
また次回、お会いしましょう^^

関連記事

  1. モナ・リザって どんな絵画?

  2. チェコならではのシュールレアリスム

  3. 自己流より「真似る」ことが重要?

  4. 人と自分を比べるのって、意味ある?

  5. うまくいかない楽しさ

  6. 「シュール」ってなんだろう