食×アート 対話鑑賞法は食卓から?

みなさん、こんにちは。

日本アート教育振興会の岡田ジャパンです。

食欲の秋ですね……、

さて、今回は私の食いしん坊話ではなく

【アートと食】に関してお話をしていきます。

この内容を書くにあたって、

理学療法士からフレンチシェフの道をたどり、

現在は食から「人の健康を支える料理人」として活躍されている

鵜沢翔太さんにお話をお伺いしてみました。

【アートと食】という言葉で有名なアーティストは

リクリット・ティラヴァーニャ の《パッタイ》ですが、

この作品は鑑賞者にタイ料理のパッタイを振る舞うんですよね。

コミュニティーに対して何か働きかけをする際に、

我々にとって非常に身近なツールである「食」ですが、

この「コミュニティ形成」

【アート】と【食】はどう絡んで来るのか

鵜沢さんの意見もお伺いしてみました。

ー【アートと食】を考えて料理をすることはありますか?

 はっきりと意識して考えることはないかな。

 でも、僕は「丸」にものすごく惹かれるところがあって。

 それこそジャパンが言っていた「円相図」は、

 作っている料理に通ずるものがあるんじゃないかな。

 さっき言っていた「コミュニティ形成」のイメージ図として

 丸が浮かぶのかもしれないし、人が100年生きる時代だからこそ

 僕の作る料理とリンクする部分を感じるのかもしれません。

 丸は特別な形だと思っています。

 今はその理由が明確には分からないけれど、

 「丸がすき」という感覚から

 《円相図》とか《ゴンドアート》

 ビビッと運命を感じるのかな。

ーそこに関しては今後、深〜く考えてみたいですね。

バックグラウンドの強みは、作り手として最大の武器だと思います。

それこそ新しい扉を開くのに

「アートマインドコーチング」なんていかがですか?でへへ!!

 笑!検討します!

 でも「観察力」「創造力」「思考力」

 「コミュニケーション力」「言語化力」「美意識」

 「自己肯定感」といった生きる上でも、

 仕事をする上でも欠かせない、とても大切な基礎能力が

 育つのは面白いですね。

ー話はもどりまして…、

コミュニティ形成は我々JEARAが運営している

「アートマインドコーチング」に通じてくる部分があるのだと感じます。

JEARAは「絵画」を通して「対話鑑賞」を行うのですが、

【食】の分野で何か対話鑑賞に通じる部分があると思いますか?

 それこそ、「皿に乗った料理」や「料理を囲む人々」自体が

 ジャパンの言うアートっぽいな〜と思うことはあります。

 JEARAさんは「絵画」を対話のキッカケにしていますが、

 僕の場合は「料理」ですね。

 《パッタイ》と近いところはあると思います笑。

 「このラディッシュの色かわいい〜」とか

 「かたち綺麗〜〜〜!」とかって、

 具体的な言葉ではないけれど、

 対話に近いんじゃないかと思います。

ー確かに!「アートは非言語ツール」とよく言いますが、

それに似たものを感じますね!

まだまだ盛り上がっていきそうですが、今回はここまで笑。

ありがとうございました。

 ありがとうございました!

 

と、いうことで今回は

現代の視点で【アートと食】について考えました。

お皿の形、食材の切り方、

それらの組み合わせ方、テーブル上でのバランスなど

《アート》と繋がる部分が多い料理。

絵画をまだ見慣れていない方でも、

鑑賞しやすい作品なのかもしれませんね!

「アートに興味はあるけれど、

どうやって作品を観たらいいかわからない…」

そんなあなたはまず、食卓の鑑賞から始めてみては?

そこからビビッとくる形が見つかったら是非、

弊会の《アートマインドコーチング》で共有してください!

ぜひ、まずは体験いただきたいと思うのですが、

今、このプログラムを開催できるコーチ養成も行っています。

アートの知識もいりません。

アートをつくった経験がなくてもできます。

関連記事

TOP
お問合せ 講座一覧 メルマガ登録 Topへ